育児

子供が嫌がっていた歯磨きをご機嫌でしてくれるようになった方法!!

Pocket

こんにちは。こちょぐまです( *´艸`)

子供って歯磨き嫌がりますよね~(;´・ω・)

イヤイヤ言うけどほってたら虫歯になるし…結局押さえ付けて歯磨きをする…なんてことも( ;∀;)

色々な方法があるかと思いますが、我が家の子供たちが歯磨きをご機嫌でするようになるまでの方法をご紹介したいと思います☆彡

歯磨きが好きになる方法

1.乳児の時は無理…かな…

早速、参考にならないことを書いてすいません(;´・ω・)きっとこのページをご覧になる方は、「歯磨きを始めたけどむっちゃ泣く…どうしたら…」という乳児がお子さんの方もいらっしゃるかと思います。

後でも出てきますが、我が子はある程度「歯磨きしないと虫歯になるんだな」と理解できる年齢にならないと楽しく歯磨きできませんでした。今では楽しく磨いていますので、今泣いていても嫌いにはならないはずですよ(‘ω’)ノ

ただ、泣いている理由が「痛いから」だとイヤになってしまうかもしれませんので、以下の点に注意した方がイイかもしれません。

  • はじめは口に異物(はぶらし)が入ることに慣れるところから
  • 力を入れてごしごししない
  • 小帯(上唇の裏の筋)に注意する
  • 笑顔で磨こう!がまん出来たらうんと褒めてあげてくださいね♪
 
赤ちゃんにとって歯ブラシって、異物なんですよね。なんかよくわからんものが、口の中に入ってきているわけです。ですので、はじめは歯ブラシになれるところからはじめましょう!!
 
そして力を入れてごしごししたら、歯茎も痛いですよね…歯磨きの目的は「歯の表面」の汚れを取ることなので、そんなに力は必要ないのです。
 
 
次に、鏡を見ながら自分の上唇を持ち上げてみてください。中心部分に前歯に向かって筋がありますよね。これが「小帯」というのですが、赤ちゃんの小帯は、結構前歯のギリギリからあります。(大人は前歯から少し距離がありますが)ここに歯ブラシが当たったり、上唇を引っ張られると痛いみたいです( ;∀;)
ですので、小帯に歯ブラシが当たらないように、上唇は「持ち上げず」に「上唇を上にずらす」感じで前歯を磨いてあげるとよいです◎
 
あとは、動くと危ないし、泣くし、ちゃんとできないしでママやパパは怖い顔になりがちです。そんな怖い顔で、押さえこまれると、子供は怖がります。「笑顔」で歯磨きしてあげてください♪
 
 
でも
 
でもです。。。
 
泣くもんは泣くんですよ(笑)だって自由に動きたいのに動けないんだもの~(/・ω・)/
「なんでうちの子はちゃんと歯磨きできないのかな…」と悩む必要はないですよ~!!大丈夫!!泣きます!!あんまり泣くのが気になるようなら、寝てしまってから歯磨きシートとかでササっと拭いたらいいや~くらいの気楽さで大丈夫です!我が家はそれできましたが、5歳と4歳、虫歯0ですから(‘ω’)ノ

2.虫歯の本や動画で、「虫歯」を知る

我が家は理解ができるようになってきたころ、「虫歯建設株式会社」や「はみがきのうた」の動画をYouTubeで見ました。「我が家はYouTubeは見せません!!」というご家庭の場合は、虫歯の本があると思いますので図書館で借りたり購入して読んであげてください(‘ω’)ノ

子供たちは、ばい菌が歯を壊す動画を楽しそうに見ていました。そして私は自分の銀歯を見せました。(私は子供のころ虫歯が多かったのです(笑))

「ばい菌が歯を壊す動画(絵)」だけだと、ただの面白い歌だけで済んでしまったかもしれませんが、私が銀歯を見せたことで、子供たちは絵が一気にリアルになったようでした。

「お母さん、ばい菌に歯を食べられちゃった!」と当時はしきりに私の銀歯を見に来ました。

「怖い?」「痛い?」「なくなっちゃうの?」と、子供なりに「歯磨きは大切!!」とを理解したようでした。

そうなればもうこっちのもんです(‘ω’)ノ「歯磨きするよ~」と声をかけるだけで、「は~い!!」と歯磨きを進んでするようになります(*^▽^*)

3.自分で歯磨きをさせてみる

歯磨きが大切とわかれば、歯磨きをしてくれるようになりますが、今までは噛んでいるだけだったかもしれない自分で歯磨きを、「歯を磨く」という方向に向けてみましょう。

いつまでも、親が仕上げ磨きをしてあげるわけにもいきませんので(あ、想像したら少し寂しい(´;ω;`)ウゥゥ)、「一緒に磨こうか」と声をかけて見本を見せてあげながら、初めはわかりやすい前歯からはじめてみてはどうでしょうか(‘ω’)ノ

結構一生懸命歯を磨くと思いますよ(/・ω・)/

そして、「見て!!」とニ~っと見せてくれますカワ(・∀・)イイ!!

そして私は子供たちが自分で歯を磨くこを「自分磨き」と名付けました(/・ω・)/{旦那に「自分磨きって…(笑)」と言われたYo!

4.飽きてきたらプラークチェッカー(歯垢を染めるもの)を使ってみる

…子供ですもの。あんなに「歯磨きって大事!!」「お母さんみたいに歯が食べられちゃう!!(←結構長い間言われた)」って思っても、飽きちゃうのさ~(‘Д’)

そんな時はコレ!!↓↓プラークチェッカー(ドラえもん風)

下の「はみがき上手」なら薬局の子供の歯磨き粉コーナーに置いてあると思います。ちょっと飽きてきてるな…と思っていた時に、たまたま気づいて購入してみました。

これが案外うけました(*’▽’)

適当に自分磨きをしていた我が子。「ちょっとこれでくちゅくちゅしてみ?」とくちゅくちゅさせてみて、鏡を見せた結果…

Σ( ̄□ ̄|||)

なかなか衝撃だったようです(笑)

というか、自分磨きさせるのにコレ最適なんじゃ…と。だって見えるし(/・ω・)/

鏡をもって、ちゃんと「歯の汚れを落とそう」とする姿が見ることができます( ;∀;){成長を感じる

毎日は使用していないですが、飽きてきたころや、歯磨きより遊びたい!!の時に使用すると効果的だというデータ結果が我が家では出ています(*’▽’)(笑)

まとめ

子供が嫌がる!大嫌い!!のbest5に入るのではないかと思うくらいの歯磨き。

親も根気が必要ですが、親子で楽しく歯磨きをしてみてくださいね!!

それでは(*ノωノ)